"Live to Work" or "Work to Live"

医学部は、医師と患者の中間地点。社会への憧憬と郷愁にお付き合いください。